ブッキラ親父のクリエイター日和

デザインの話や様々な分野でがんばっている人を紹介します。ブッキラ親父の好きな音楽のこと、与太話もお楽しみに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「おすすめ本」②

『匂い立つ美味』 『怖ろしい味』
勝見洋一 光文社文庫

食に関する物といったら、邱永漢氏の『食は広州に存り』を思いつく人が多いでしょうね。

私も学生時代に読んで、中国人の食に対する、飽くなき探求心に舌を巻いたものです。

で、勝見氏のこの本、本当におもろいです。チンケなグルメ本じゃありませんぜ。

一度読んだ本を読み直すことは、あまりない私ですが、例外は司馬遼太郎 塩野七生 そして勝見氏のこの2冊くらい。

特に『怖ろしい味』は、おすすめします。

おすすめ味

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。